メイン画像

稲垣和磨

human solution事業部 
営業支援事業課 
教育支援事業リーダー

2016年入社。
学生時代のアルバイトでイベントスタッフを経験。専攻は建築学科だったものの、人と接する仕事にやりがいを感じ、またスリールの自由な社風に惹かれてそのまま正社員に。現場スタッフ、事業リーダーを経て、現在は取引先の教育支援を担当。

#頼られるのって意外に気持ちいいじゃん #将来の起業の為に人材育成を勉強中!

img01

自分自身の成長とともに、
目指す目標も変化

Interview

スリールに入社して最初に目標にしたのは、いかに目の前のお客様のニーズを上手にくみ取って、自分の担当商品をご契約いただくかということでした。それが入社2年目になってチームを任されると、メンバーの成長やチームとして会社に貢献することがテーマに。さらに今はスタッフの教育という形でお客様の事業をサポートすることで、当社の新しい価値を高めることに取り組んでいるなど、常に新しいテーマを与えられながら、仕事のやりがいが少しずつ変わってきたことを実感しています。

ただ当社では決してキャリアアップを目指すことだけがいいわけではなく、適材適所でその人が一番いきいきと働けることを、何よりも大切にしています。また代表をはじめとした役員との距離も近く、風通しのいい社風も当社の魅力だと思いますよ。

img02

1日のスケジュール

Day's work

自分のチームのメンバーのマネジメントだけでなく、最近ではお客様先での研修や店づくりも行うようになりました。年齢やキャリアに関係なく責任ある仕事を任せてもらえることが、仕事のやりがいにもつながっています。

今取り組んでいる新しい事業を、
より拡大していきたい

career vision
学生時代 イベントのリーダースタッフとして現場で活躍。各社の契約獲得イベントにおいてチームが短日実績の過去最高実績をのこすなど学生でありながら営業マンとしての頭角をあらわしていた。
入社1年目 通信事業においてカスタマー向け販売員を経験。現場としての要望をマネジメントサイドにプレゼンを行うなど個人として売りに強いだけではなく、現場のチームとしての獲得という視点で仕事をする事にやりがいを感じた。
入社2年目 事業リーダーとして20名ほどの現場スタッフの指導を行い、全体の実績向上に大きく貢献。
入社3年目 教育支援事業のリーダーとしてクライアント様の現場にはいり、販売指導、モチベーション管理などを行う一方で1年目に感じた現場での非効率やマネジメントと販売スタッフにおこる軋轢を改善するため多様な企画やプレゼンを提案している。
img03
../../plugins/masterslider